句集「西瓜の種」


残したい自作俳句を紡いでいきます
by 金太郎
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
最新の記事
青蛙
at 2018-06-22 12:12
合歓の花
at 2018-06-17 15:05
仲良しくん
at 2018-06-16 18:14
浜昼顔
at 2018-06-14 12:54
寺家ふるさと村吟行
at 2018-06-12 09:52
フォロー中のブログ

青蛙

やり残す罪にあらがふ鉄線花
大蟻の黒光りして闇に消ゆ
雨垂れをはじきてはねる青蛙

金糸梅(きんしばい)
a0376672_12024969.jpg

# by haikutarou | 2018-06-22 12:12 | 「西瓜の種」(自作句集)

合歓の花

カーテンのさはさは揺らぎ合歓の花
刃物屋と研屋をまはる梅雨晴れ間
枇杷の種ぺつとはき出す野辺であり

a0376672_15010422.jpg

# by haikutarou | 2018-06-17 15:05 | 「西瓜の種」(自作句集)

仲良しくん

仲良しくん今朝も人待つ木下闇
舟頭は平成生まれ女子夏野
脳トレの消しゴムちびり夏の月

(アガパンサス)
a0376672_15351967.jpg

# by haikutarou | 2018-06-16 18:14 | 「西瓜の種」(自作句集)

浜昼顔

夕映えの浜の四阿松落葉
大波に船見え隠れ浜昼顔
葛切や枝渡りゆく鳥の影

(浜昼顔)
a0376672_12445624.jpg

# by haikutarou | 2018-06-14 12:54 | 「西瓜の種」(自作句集)

寺家ふるさと村吟行

青柿を葉陰にのぞく柿生かな
さへづりを蛍袋に入れるかな
老鶯や雲湧き上がる水車小屋

a0376672_09421997.jpg

# by haikutarou | 2018-06-12 09:52

昼顔

昼顔の夜を案じる昼であり
枇杷の種転がる畳絵本読む
a0376672_10351708.jpg

# by haikutarou | 2018-06-05 10:40 | 「西瓜の種」(自作句集)

芍薬

芍薬のあつけらかんと開きけり
多佳子忌の今を盛りに青葉木菟

a0376672_11473401.jpg

# by haikutarou | 2018-06-04 12:03 | 「西瓜の種」(自作句集)

朝日俳壇入選作品から(5月28日)

すぐ横は地震の断層代を掻く    井芹眞一郎
夏帽子振つて雲呼ぶ小海線     本谷眞治郎
遠き日のことよみがへる素足かな  物江里人
春惜しむ言葉の森や広辞苑     青木干禾子
草笛を返事にかえて駆けゆけり   梶 万喜子
食べ終へし葉の大きさよ柏餅    会田仁子
てふてふに鯨のごとき古墳かな   鬼形のふゆき
白といふ色の力や更衣       渡邊 隆
大岩に袈裟の如くに藤垂るる    酒井大岳
夏場所や海の匂ひの隅田川     竹内宗一郎

(沙羅の花(夏椿))
a0376672_21451114.jpg


# by haikutarou | 2018-05-28 21:57 | 朝日俳壇


記事ランキング
ファン
メモ帳
ブログジャンル