蝉の初啼き

今朝、自宅でみんみん蝉の初啼きを聞きました。

「みんみーんーみーん」のひと啼きだけでしたが確かに聞きました。

なぜか、この辺りはみんみん蝉ではじまります。油蝉、つくつく法師、そして蜩で終わります。

それも気まぐれに啼いていている程度で、時々真夜中に啼いたりします。

私は西日本の出身ですから、夏といえば「蝉」、蟬と言えば「熊蝉」で「シャアーシャアー」という牡蠣声は蝉しぐれというより蝉嵐ですね。それも早朝から日暮れまでそれは凄まじいもので、古里を離れて50年になりますが、あの熊蝉の鳴き声聞かないと夏が来た気がしません。

今日は「蝉」ということで私の俳句蔵から蝉の句集めてみました。やはり、ここらの蝉の印象は弱く数は多くありません。


a0376672_07375926.jpg





 


by haikutarou | 2018-07-15 07:45 | 日日闊達に(日記)