句敵(くがたき)は今・・

長いこと雑誌や新聞に投句を続けていると入選常連者の名前を覚えてしまうものだ。

そんな中に以前に世話になった結社で句敵だったやつ、憎からず思っていた女子もいる、ツイッターのメール仲間だった人も何人か居る。その人たちは大体当時の俳号を変えずに投句しているからすぐに判る。

入選が途絶えると、体調をくずしたのではないかと心配し、特選や秀逸に選ばれるとめらめらと対抗意識がもえあがる。多分相手も私のことを意識してチェックしてくれているはずである。

上位入選には「兄弟、おめでとう!この借りは来月返すぜ」とかなんと言いながら影ながらの乾杯をする。

決して直接メールしたり電話したりはしないと暗黙の了解で、この掟が気に入っている。

「おまえ、衰えたな!」と同情されないために、今月も頑張って投稿せねばという思いが俳句活動の活力となっている。


a0376672_05413206.jpg


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haikutarou | 2018-07-26 08:47 | 日日闊達に(日記) | Comments(0)