山の思い出(1)

 私の40歳代から50歳代は山、山であった。愛車いすゞビックホーンで日本列島を北海道から九州にかけて名山を巡った。かみさんと二人登山だったから計画から実行までの気遣いが多く大変で、とにかく山頂を踏破して無事に下山口に降り立つまでは頭の中がいっぱいで他のことは考えられなく好きな写真も忘れるほどだった。

 当時はまだフイルム写真でぼちぼちとデジタルカメラが出始めた頃でまだ解像度が低く使い物ならなかったから、山の写真はデータとしては殆ど残って無いが俳句を通して当時の風景を再現できるのは嬉しいことである。

 山形県の鳥海山は1日の予備日を含めて4日間の計画で出掛けたが運悪く台風と重なり未踏で終ったが、それはそれで未練がましく未だに山麓風景が心に残っている。


a0376672_08465671.jpg


by haikutarou | 2018-08-25 09:41