黛まどか句集「てつぺんの星」より

 黛まどかさんは、若い頃から美人俳人として週刊誌などのグラビアを飾っていましたから俳句に関係ない野次馬として興味もっていました。

 若い美人を集めた横書き俳句紙『ヘップバーン』が廃刊となってから、マスコミからも遠ざかり、忘れていましたが地道な俳句活動されていたようです。

句集『てつぺんの星』が発行されたのが2012年でなつかしく飛び付くように買い求めました。

 句集の略歴を見て驚くのは、スペインのサンチャゴ巡礼800キロを徒歩で踏破や韓国の釜山からソウル500キロ踏破されていることです。あの優しげな顔して心身のタフさは凄いです。


a0376672_11125751.jpg



by haikutarou | 2018-09-16 11:19 | 日日闊達に(日記)