樹木希林さんをしのぶ

 今月15日に亡くなられた樹木希林さんが朝日新聞の『人生の贈りもの連載15回』(2018年5月)で「今日まで人生、上出来でございました。これにておいとまいたします」と結んだ最終回での言葉が忘れません。

 「自分の体は自分のものだと考えていました。とんでもない。この身体は借りものなんですよね。最近、そう思うようになりました」という言葉が身に染みました。そうか、そういう考えもあるんだと私の中で何かがすとんと抜け落ちた気がしました。

 そして、頑張っている自分の身体がすごく愛おしくなりました。私は薬嫌いで、いわゆる逆療法で随分身体を痛めつけていただろうことに思い至り、これから痛みつけた身体を漢方薬中心に癒やしてやることにします。そして希林さん流に自然に近いかたちでお返ししなければと考えさせられました。


a0376672_12172001.jpg


by haikutarou | 2018-09-18 12:26 | 老いと暮らせば