見事な冬紅葉

 一昨日の道了尊で見応えある紅葉を見る事が出来ました。それは、石段を登って来た人誰もが思わず「おお」とか「わあ」と声を発するほどの真っ赤に燃え盛る見事さでした。(画像参照)

私は全国の紅葉、黄葉風景を見てきましたが一本の木の紅葉としては最高級レベルだと思う位に感動が心に染みわたりました。

これまで忘れる事の出来ない紅葉(黄葉)として、尾瀬沼周辺の草紅葉、穂高連峰の登山口の涸沢のナナカマドの紅葉、青森の酸ヶ湯温泉周辺の黄葉も感動でした。

強烈な感動した時は一旦体中が硬直した感じになり、そしてじわじわと緩んで体がその風景の中に溶け込んでいく感覚になります。言葉となるのは更にその後のような気がします。

(俳句では立冬以降の紅葉を「冬紅葉」として冬の季語としています)


a0376672_10564655.jpg

Commented by mtake-0618 at 2018-12-05 06:34
おはようございます。
ご訪問ありがとうございました🎶
素敵な写真と共に・・素晴らしい俳句・・拝見しました🎶
何か私には難しいですが^^・・いろいろ勉強させていただきます^^
Commented by haikutarou at 2018-12-05 16:13
コメント有り難うございます。

mmiimaさんの写真見応えあります。
「一人占め」は見覚えあります。代々公園でしょうか?
そろそろ、銀杏の黄葉も見頃でしょう
一寸考えることがあって、コメント他の交流を絶つていましたがやはり何らかの
交流がないとブログも意欲が湧かないですですよね。
よろしくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by haikutarou | 2018-12-04 11:06 | 日日闊達に(日記) | Comments(2)