人気ブログランキング |

立夏初候『蛙始鳴(かえるはじめてなく)』

私が伊豆高原に来た最初の頃、この時期になると牛蛙(食用蛙)が夕方から夜中まで啼いていました。
姿は確認できませんでしたが、本当に牛の声そっくりで啼くのに判ったのですが、いつの間にか聞かれなくなっていたことを、この記事を書こうとして、「あれどうしたのだろう」ふと思い出したのです。

私の俳句ではとっくに夏の季語を使っていますが、今日から暦の上では夏に入る立夏です。

伊豆高原もこの連休は多くの観光客で賑わい、大室山のリスト乗り場では連日50m以上の長い行列が出来ていました。

私は昨日、城ヶ崎海岸の遊歩道を歩きましたが、此処も多くのカップルウォーカーですれ違いには狭い道に戸惑うほどでした。

全てが日本の若者達ではないにしても、なんか日本の先行きにほっとさせた風景でした。

a0376672_09332075.jpg



Commented by sumiko1910 at 2019-05-06 20:44
やっと金太郎さんのところに行きつけました。絶不調と書いてからずーっと試行錯誤していました。ホットしていますが、まだ、他の方の所へは行かれません。牛蛙、若い頃いた府中の分倍河原に沢山いました。思い出しました。まだ、田んぼがいっぱいあった頃です。
Commented by haikutarou at 2019-05-06 23:01
スミコサンお帰りなさい!
なんともグロテスクで体がえぐられるような声で啼いていましたが
いなくなると寂しいものですよね。
Commented at 2019-05-12 06:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by haikutarou | 2019-05-05 10:14 | 七十二候 | Comments(3)