人気ブログランキング |

処暑次候『天地始粛(てんちはじめてさむし)』

ふと肌寒さを感じてちらっと夏も悪くないと思ったりしています。

この時期は気圧配置が不安定で野分(のわき)の気節でもあります。


俳句では野を分け、草木を吹き分ける荒々しい風を野分といいます。

台風の吹き荒れるようすが枕草子に記され、源氏物語の第二十八帖の巻名にもなっているように古い時代には台風のことを野分と呼んでいました。


『野分のまたの日こそいみじうあわれにをかしけれ 清少納言』枕草子より

(野分の吹き荒れた翌日は、大変にしみじみと胸に来るものあります)という訳で

枕草子の時代にも台風のあとは爽やかさを感じていたようです。


a0376672_20544577.jpg


名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by haikutarou | 2019-08-29 07:00 | 七十二候 | Comments(0)