人気ブログランキング |

白露次候『鶺鴒鳴(せきれいなく)』

鶺鴒が盛んに人前に姿を現す頃です。

鶺鴒は我が国の固有種で古くは日本書紀にも現れて、特徴の尻尾を振ることでイザナギ、イザナミに男女の結合を教えた鳥として歳時記にも記載されています。


農道を歩いているとつつつと私の前に現れ「ご用ありましか?」という如くに首を傾げる仕草が可愛いですよね。


私は結構な数のブログをフォローして毎日の回覧を楽しみにしています。

最近はオーナーの名前と内容が一致しているブログも多くなり、一段と楽しみが増してきました。


野鳥カメラマンのブログも多くなり、野鳥の生態に興味がありますが、名前はなかなか覚えられません。梢や草藪での鳴き声で名前を言い当てるのは神業におもえます。


以前、山歩きの仲間に「歩く植物図鑑」と呼ばれている人がいて「覚え悪いわよ」と呆れられ、怒られながら必死に覚えた野草の名前も段々思い出せなくなってきてさみしい限りです。


a0376672_23341134.jpg


Commented by pata-001 at 2019-09-14 07:18
覚えるのは難儀、忘れるのはすぐに・・・・(*_*;
年々こういう事が顕著に・・・

鶺鴒は尾っぽを上下させながら歩く姿も可愛くて、身近に見るでのとても愛着のある野鳥さんです。
写真を趣味にする前は全然興味のなかった野鳥さんですが、写真を撮るようになって、
野鳥ブログの方に撮った鳥の名前を教えられつつ撮り始めました。
覚え始めると、興味の乏しかった野鳥さんが、とっても可愛く思えるようになって・・・
でもなかなか野鳥さんの姿を見つけられない自分の目が、疎ましくて撮るのを止めてしまいました
見るのは大好きですよ。
あんなに動き回る被写体を見事に捉える写真技術と、探鳥の目に敬意を払いつつ、野鳥ブログを拝見しています('◇')ゞ
Commented by haikutarou at 2019-09-14 20:18
> pata-001さん
まったく同感です。pataさん若いからそうでもないかも知れませんが、私なんかは嫌になってしまいますが長生きすれば通る道だと気を紛らせながら暮らしています。
私も野鳥の鳴き声を聞き分けられて梢に姿を追うことが出来たらどんなに楽しいらろうかと皆さんのブログ見ています。

気を紛らすのにブログは恰好の道具でマイブログの更新、フォローブログの回覧だと気づき活用しています。
これからもお付き合いお願いします。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。

by haikutarou | 2019-09-14 07:00 | 七十二候 | Comments(2)