2018年 10月 01日 ( 1 )

台風一過

 台風24号がまた日本列島を縦断するように抜けつつある。関東地方の今朝は台風一過の抜けるような青空の秋晴となっている。

以前にも書いた気がするが、昭和の頃の台風は命の危険を感じるという怖さはなく、私に言わせれば、自然の汚れを適度に洗い流してくれて、体を丸くしてじっとしていれば通過していく可愛いものだった。だから、台風一過の好天を期待して、台風予報の中を山に登ったものだった。

それが現在の台風はどうだ。何らかの対策をし、避難をしないと命が守れない凶器となっている。これは明らかに地球を被い守っている自然環境が対応出来なくなっているのだ。

多くの科学者達がこの事を発信して久しいが、世界の指導者達は一向に耳を貸す気配はなく、自国の利益ばかりを追い求めている。

政治家とは一体何なのだろう?地球が崩壊すれば自分たちの住む場所が無くなるというのに、そんな事も判らないのだろうか?訳が判らなくなる。

地球を守らない行動をする政治家、指導者を狙い撃ちするミサイルが欲しくなる昨今である。


a0376672_10343966.jpg


by haikutarou | 2018-10-01 11:42