2018年 10月 31日 ( 1 )

蕪栗沼の雁


宮城県大崎市の蕪栗沼に雁の群を見に行ったのは東北大震災のあった2011年の晩秋でした。

蕪栗沼とその周辺の水田はラムサール条約(湿地保護条約)で保護されている地帯です。春の大震災で、その年も例年通りに雁が渡って来るのか関係者が気を揉んでいたが前年よりも多くの25千羽の雁が来たとのニュースに私もじっとして居られなくて蕪栗沼に向かいました。

沼からえさ場に飛び立つ2万羽の雁の地吹雪のような鳴き声と羽音に足が震えるような感動を覚えました。夕方にえさ場から群ごとに沼に帰って姿もじっくりと観察できました。

雁も「東北頑張れ」と応援してくれているんだねと話し合った、あの大感動は昨日のことのように鮮明に覚えて居ますが、もう7年まえになります。そうそう、丁度俳句結社「寒雷」一行の皆さんと同宿でした。句会にも誘われたのですが、俳句は始めたばかりの頃でちょっとレベルの違いを感じて辞退して、私は鳴子温泉に向かいました。

a0376672_11510242.jpg


by haikutarou | 2018-10-31 09:50 | Comments(0)