人気ブログランキング |

2019年 06月 06日 ( 1 )

芒種の「芒」は「のぎ」といい穂先に針の様な突起の事で、芒のある植物の種を蒔く時期だそうで、稲の種を蒔く、時期だということです。

俵の種籾を水に浸して芽吹き始める前に苗代田に蒔きます。祖父はメイン品種の他に試作品という何種類かの新しい品種を農協より取り寄せて収穫量の比較をしていました。

その様な稲の品種改良の手助けをする農家を篤農家と呼んでいたようです。

私は山麓歩きで蟷螂を見つけると棒切れで攻撃して、しばし遊びます。

と大きな鎌を持ち上げて逆らう様子が面白くて、彼等には私の姿はどの様に見えて、どの様に認識しているかのか想像すると面白いですね。

昆虫の中には固まって死んだふりをする物も多い中で、少なくとも怪物に対して戦うとする姿勢に感動するのです。

以前、スポンジ消しゴムのような蟷螂の卵を見つけてベランダのプランターに差し込んでいたら、ある春先のベランダに羽蟻のような小さな虫がウヨウヨしています。何だろうと様子を見ていると、あの蟷螂の卵から出るわ出るわ、凄い数の蟷螂の孵化が始まっていたのです。1センチ位の大きさながら、ちゃんと大人の蟷螂の姿していました。

蟷螂の幼顔して鎌を振る 金太郞

a0376672_00423935.jpg



by haikutarou | 2019-06-06 07:30 | 七十二候