人気ブログランキング |

2019年 09月 16日 ( 1 )

槍ヶ岳と金メダル

私の登山で忘れられない一座は名峰槍ヶ岳でのことでした。

横尾山荘で一泊した私たちは一気に槍ヶ岳山頂直下の山荘を目指して歩き始めましたが途中から雨が降り出し、午後からは本格的な雨となり、寒さでペースも落ちて秋の短日は暮れ始めてきました。万事休すで遭難も覚悟しながら最後の力を振り絞っているときに山小屋の灯が見えたのです。


雨は翌日もさらに強くなり降り続けていました。

そんな時、山小屋のテレビがシドニー五輪の女子マラソンの実況を流し始めました。山頂には登れない、このまま下山する訳にはいかない連中が20人くらいいて、高橋尚子選手の金メダルがその憂さを振り払ってくれました。


高橋尚子選手がゴール手前の5キロ地点くらいでしたか、手袋を投げ捨て「さあ、いくよ!」と見せた表情は今でもはっきり覚えています。

テレビを観ていた皆からも「尚子」コールもでて熱く盛り上がりました。


結局次の日も雨は降り止まず、滑るからと登頂禁止されて殆どの人達が山頂を諦めて下山していきましたが、私と相棒さんはもう一日待ちました、そのかいあって3日目は朝から快晴の「槍の穂先」と呼ばれている山頂は足が竦んでしまうほどの高さと透明感でした。


高橋尚子選手の金メダルは2000924日でしたから、19年前の56歳の時でした。


写真は『そらいろのパレット』さんの「横尾山荘から蝶ヶ岳」(201995日)からお借りしました。

a0376672_20433339.jpg


by haikutarou | 2019-09-16 07:00 | 老いと暮らせば | Comments(8)