山茱萸の果実酒

この時期になると毎年のように木の実の探し歩きを楽しみにしています。今年は山茱萸が大豊作で鈴成の実を夢中で取りました。この実は滋養強壮効果があるとされていますが、この実を取っている人は見かけません。現在はもっと効果のある市販の滋養強壮剤が溢れている時代ですから、木の実なんて当てにされないのでしょうが、自分の足で探し歩いて、見つけた時の喜び、果実酒に仕込むときの楽しみはやってみないと判らないことかも知れません。

a0376672_09480444.jpg












今年は柿も大豊作でどの柿の木も鈴成の実をつけています。明確には言えませんが野生のものは大体7年周期で大豊作を繰り返しているようです。それに気付いたのは丹沢山のシロヤシオ(躑躅の花)で登山道がシロヤシオのトンネルになるのが7年周期だと登山仲間で共有していました。最近は丹沢もご無沙汰です。



a0376672_09294204.jpg


by haikutarou | 2018-11-18 09:32 | 老いと暮らせば | Comments(0)

鴨渡る

「鴨が来ているよ」の情報に会いに行ってきました。まだ渡りの数は少ないが鴨が来ると散歩が楽しくなります。毎年、鴨たちには俳句を多く詠ませて貰っているので鴨池3カ所を回って、この冬もよろしくと挨拶してきました。

 ずっと違和感を抱えてだましだましきていた股関節の古傷が夏場からの重点フォローアップでかなり解消出来て、一歩一歩が地面を踏み込んでいると力強さ感じられ長時間歩いても疲れが半減した気がします。5時間歩いてもしっかりと太地を踏んで帰宅出来たのは嬉しかったです。

 大事なことは先なのです。調子にのって「さあ、歩くぞ」とつい無理をしてまた故障してしまうという悪循環を今回こそは繰り返さないことです。淋しい事ですが、もう無理の効かない年齢なのだという認識がやっと染みついてきたようです。

 私から無理をとったら抜け殻になるような気もしますが、今大事なのは身体に良い事を徹底させようと誓ったばかりですから・・・・


a0376672_21311452.jpg







by haikutarou | 2018-11-16 21:46 | 老いと暮らせば | Comments(0)

 作文で褒められたことは嬉しかったが、あの頃の私はとにかく強くなりたかった。「もやし子」といじめる山猿たちと喧嘩して負かしたかった。大木のてっぺんまで登りたかった。だって奴らには「作文入賞、なんだそれ」と屁のかっぱで何の力にもならないと判っていた。

 中学生になって、私は図書室からグランドに出て野球に夢中になった。3年間補欠だったが、真っ黒に日焼けして、だれも「もやし子」と言われなくなったことで偉くなった気がしたものだ。

 これは大人になってから妹から聞いた話しだが、父が妹に「おまえが男だったら良かったのに」と言ったそうだ。それで納得というか、私ひとりを田舎にほっぽり出した父の本意が少し判った気がした。

きっと自分の死が判っていて強くなって欲しかったのだと思うが、そんなこと子供には判るはずもなく、父の死も悲しまない私を見て、親戚の叔母さんが「父さん死んだんよ、悲しくないの」と言ったのを覚えて入る。 
でも父の見立ては正しかったわけで、妹は女だてらに小さいながら、自分で会社を興し一国一城の主となってサラリーマンの私を散々馬鹿にしていた。


a0376672_19043681.jpg









by haikutarou | 2018-11-14 09:31 | 老いと暮らせば | Comments(0)

深まり行く秋の山裾を歩きながら、小学5年生の時のことを思い出そうとしていた。というのは前夜(11月6日)のラジオ深夜便「明日のことば」のコーナーで詩人の佐相憲一さんの小学5年生の時に担任に作文を褒められたのが文学に興味を持ち始めた原点だったという思い出話をきいていて「ああ、自分も同じような思い出があると思ったことから詳しいことを思い出そうとしていたのだ。

 それは作文の宿題で『自分が感じた秋の風景』のようなタイトルだったと思う。内容は覚えてないが山里の暮らしにだんだん馴染み好きになっていく様子を書いたと思う。

その作文の宿題にそれまで貰ったことのない大きな花丸が付いて返ってきた。それからしばらくして先生から「この間の作文すごく良かったから作文コンクールに応募するからね」というようなことを言われて、訳も判らずに頷いていたと思う。それから半年後くらいたった、ある日、職員室に呼ばれて「さかた君、あの作文入選したよ、すごい、すごいよ」と自分のことのように喜んでくれて、馴れない田舎暮らしにいじけていた少年に自信を与えて救ってくれた大恩人のおんな先生でした。

a0376672_12385878.jpg









by haikutarou | 2018-11-12 12:46 | 老いと暮らせば | Comments(0)

足の爪



今、ひしひしと感じていることがあります。それは、身体が必死に老いと戦っている声が聞こえてくるのです。思えば、これまで身体の癒力を頼みに無理押しばかりで、それが身体にどれだけ大変なことか考えようともしなかったが、最近「旦那様助けて下さい」の悲鳴が聞こえてくるのです。

 これに気づかせてくれたのは足の爪でした。足の爪が荒れに荒れて割れるや反るやの鬼の様な様相になってきて、これはいかんと、以前、句友から聞いたことのある「ベビーオイルでマッサージしてやると良いよ」と聞いたこと思い出して実行して3ヶ月、以前の可愛らしい爪が復活したことで気付かされたのです。

 懸命な皆さんは「そんなこと常識よ」と言われるでしょうが、私は自分の身体のことは無頓着で運動さえしていれば大丈夫という運動バカだったのです。親から貰った丈夫な身体も50歳を越えたら自分の責任みたいなことを何かで読んだことがありますが、ホントに丈夫な身体に生んでくれた親に感謝しながら残っている身体の底力に併せて身体の喜ぶことを面倒くさがらずに丁寧やってやることだと覚悟決めたのでした。


a0376672_08352092.jpg












by haikutarou | 2018-11-10 08:59 | 老いと暮らせば | Comments(0)

一日一日を丁寧に

JR東日本の会員クラブ「大人の休日倶楽部」が発足した当初から入会していました。昨今は旅も殆どしなくなった私ですが、このクラブの会員向け機関誌だけは購読し続けています。各地の情報が美しい写真と充実した記事で紹介され季節の香りが匂ってくるような旅気分を味わうように愛読しています。

記事の中に「大人の肖像」という現在活躍中の有名人が自分の生き様みたいなことを語るコーナーがあり、これも楽しみな記事の一つです。今月号は女優の原田知世さんで「一日一日を丁寧に生きる。それが一番大事なかな」という言葉が印象的でした。

本当にそうだなあと感じ入った次第です。


a0376672_16113481.jpg

by haikutarou | 2018-10-29 16:17 | 老いと暮らせば | Comments(0)

ゴミ出し

 スランプで俳句が出来ない。俳句が出来ないとやおら部屋の整理を始めるのがこの頃の習慣になってしまった。不要不急のものを整理しなくてはと思っていたから、整理が出来て良いのだけれど、部屋の整理の方に達成感があり、句作にさっぱり身の入らなくなったのが問題である。

実は私の住まいはエレベーターのない5階で、重いゴミを持ってゴミ置き場までの階段の上り下りは結構な重労働で元気な内にやって置かないといけない事ではあり、40年間の生活ゴミに、元居住者の分もどっさりある。

先週からゴミ置き場との往復は20回近いと思うが、まだまだどっさりある。大物は子供達に応援を頼まなくてはと思っている。


a0376672_16394570.jpg


by haikutarou | 2018-10-08 16:46 | 老いと暮らせば | Comments(0)

あれから一ヶ月

 居間から座り心地の良い椅子を撤去して一ヶ月がすぎました。少しずつ木の椅子に馴れて日々の暮らしが変わりつつあります。まず、流し観していたテレビの時間が大幅に減って、長時間椅子に座り放しがなくなり、ちょこちょこ立ち歩くようになりました。これで椅子から立ち上がる時の「どっこしょ」なくなりました。なにしろ、尻や背中が痛くて40分が限界ですから・・・

そして、新しく始めたのが一時間限定の昼寝と床にマットを敷いて芋虫のようにゴロゴロと寝転ぶことです。もともと体を動かすのが好きな私ですから、ただゴロゴロではなく色々と間接運動をしています。

いまのところ、変化といえるものはこの位ですが、ここから何かが始まる気がしてきました。


a0376672_09253778.jpg


by haikutarou | 2018-09-30 09:33 | 老いと暮らせば | Comments(0)

漢字スケルトン

 本屋さんで立ち読みしながら店内散歩していて、以前、しばらく熱中していた漢字パズル誌を見つけて、パラパラと捲ってみたが全然熟語がつながらず頭の中真っ白状態に焦った。昔のようにいかないとは承知していたが、自分は俳句をやっているんだという自負があったのだが「え、嘘だろう!」胸がざわざわと騒いでいる。漢字パズル誌は相変わらずの人気のようで昔のままの表紙がひとコーナーを占めて並んでいた。私は当時愛用していた懐かしい一冊を選んだ。

帰宅して、気持ちを落ち着けて簡単な問題を選んで向かったが、やはり全然に熟語が閃かず真っ白状態である。

パズル誌が多用している言葉は俳句にはあまり使わないが、問題は漢字一字から発想が広がっていかないことで、これでは月並みな俳句しか詠めないはずだと納得したしだいである。


a0376672_13183390.jpg


by haikutarou | 2018-09-27 12:09 | 老いと暮らせば | Comments(0)

鍋みがき

 優勝間違いなしと確信していた大坂なおみ選手が負けてしまった。こんなはずではない、と本人も信じられない事態に若さを暴露してしまった感じである。これからの20歳には良い体験になったと思いながら、私の方のストレスはどうすればよいのかと戸惑う。とにかく何か身体を動かさないことには収まりがつきそうもなかった。そんな時、ふと、何かで読んだ、ある主婦のストレス解消法を試して見る気になった。

それは、汚れ放題の鍋みがきである。真っ黒に汚れている鍋と薬缶5個を並べてみがき始めるとすぐに夢中になる。そして生まれ変わったようにピカピカに光っている鍋に「おお!」です。すかっとする快感と達成感が体中から湧き上がってきました。なるほど大した効果で嘘ではなかった。


a0376672_19311776.jpg


by haikutarou | 2018-09-24 19:38 | 老いと暮らせば | Comments(0)