人気ブログランキング |

カテゴリ:老いと暮らせば( 20 )

耳鳴り

昨年の夏頃だったと思うが、ラジオを聴いていて右耳がスカーンと何か抜けたような、上手く表現できませんがそんな感じで右耳に微かな異音を感じるようになりました。ラジオの音はより鮮明になった気もしましたが。

ベッドに入って寝付く前にちょっと気になる程度でしたが、私は寝付きがよく5分も立たないうちに寝付いて気にもなりませんでしたが、最近になって、昼間でも読書や音楽を聴いている時に気になるようになり、気にし出すと一日中鳴り続けています。

これは、何とかしなくてはと思いますが、耳の構造すら何も知りません。
「家庭の医学」を読んでも大した説明もなく、「原因不明」のことが多いとの解説にがっかりです。要は老化現象という事でしょうか?

マイペースの快適な隠居生活が急にまっ暗闇になってしまいました。

医者に行こうか迷っていますが、これは治りませんと宣言されそうで、でも奇跡的に要因が判り治療可能かもなんてことも考えて、一度診察を受けようと思っています。

老いるとこういう事は気持ちを強くしないと生きていけない事を段々と知って行くんだと・・・誰もが通る道なのでしょうね。

私は両親に極めて健康優良児に生んで貰って、この年まで体のことで心配ごとは皆無に近いからいざというときは、からっきし意気地ないかも知れません。

〈耳鳴りや社に群るる蛇苺 金太郞〉

a0376672_08011037.jpg



by haikutarou | 2019-05-19 08:06 | 老いと暮らせば | Comments(4)

マシン壊れる

健康マシンのステッパーが壊れてしまいました。

かみさんの使っていた物ですが、今年に入って一日60分前後は踏み込んでいたから壊れるべきして壊れたという感じです。

自分の体が故障する前にマシンの方が先に壊れてくれて、「無理するな」との警告だと思えばラッキーだったのでしょうか。
それで新規に買うか迷っていましたが手頃な価格の物を購入しました。

最近、耐久品の購入で迷うのが高価できちんとした品質保証の物にするか、手頃な価格で手を打つかです。

だって、高級品を買ってもね~いつまで使えるか体の保証がないからなあと思う訳です。

20年前にスポーツジム仕様のエアバイク買った時は驚くほど高価でしたが、相当に乱暴な使い方していますが未だに健在で、やはり値段だなあと思います。
で、今回購入したステッパーですが、一年保てばよいという消耗品感覚に考えての購入でした。

それくらいこの半年で体幹が強くなった気がしていますから、今の生活に欠かせない消費材として、少し丁寧に無理しないで付き合うことにします。

a0376672_08521213.jpg



by haikutarou | 2019-05-13 08:55 | 老いと暮らせば | Comments(4)

些細なこと

私は何かに夢中になると回りが何も見えなくなるタイプようです。人は大なり小なり、その傾向にありますが一寸他人より強いかも知れません。

しかしパートナーの居ない現在、日常の些細な事を気まぐれに処理していると大変なことになると覚悟を決めたのは昨年後半からでした。

まず断捨離して、使った物は元の位置に戻すこととから始めましたが、この習慣付けは結構大変で未だに途中です。

朝ベッドから起きて、夜ベッドに入る迄のやることの手順の大部分が固まって来ると動きがコンパクトになり、心身共に心地良くなってきた気がします。

手順通りに動くときの脳は順序立てに一生懸命働いているようです。これはボケ防止にもなりそうです。

まだまだ創意工夫の余地は充分にあると思っています。
これ良いかもと思ったら即実行、まず三日続けて手応え良ければ一週間、イマイチだなと思えば忘れてしまうだけの事で所詮は些細なことなのです。

ある人のブログ記事で「何時までもパンツ(ズボン)を立居で脱ぎ履きしたい」とのを読んでこれだと目標に決めました。

筋肉は何歳になっても使えば維持出来るそうです。筋肉マンになろうとするのではなく、現状維持が目標ならば何とか頑張れそうな気がしています。

a0376672_08232409.jpg




by haikutarou | 2019-04-07 08:26 | 老いと暮らせば | Comments(6)

両刃の剣

ガラス越しに日差しの差し込む部屋にいると居眠りしてしまいそうな春日ですがこの2,3日風が冷たくて外に出ると肩をゆすり身構えてしまいます。

冬の季語に「三寒四温」という気象用語あります。三寒四温を繰り返しながら春が近づいて来るという意味ですが、実感的にはこの時期の春を深めていくという方が近い気もします。

現在自分の体で心配事は高血圧と座骨神経痛の再発です。

高血圧は昨年来165mmHg後半から170mmHg近くまで上がり、これは薬のお世話になるしかないかと思いながら、何とか運動に精出して140mmHg台まで下げましたが運動過多(?)で座骨神経痛が再発気味なのです。

老いての運動は両刃の剣ともいいますがホント難しいと実感しながらあくせくしています。

でも、くじけないで自分の体と会話しながらコントロールしていくしかないのです。

これが老いの宿命です。体がもう無理とギブアップするまで。

a0376672_08025926.jpg



by haikutarou | 2019-03-18 08:09 | 老いと暮らせば | Comments(2)

座骨神経痛

昨年、後半から断捨離を実行中です。元々5人家族が住んでいて、ごみだけ残して出ていった抜け殻ですから半端ない量です。

あらかた片付いたところで、あちこちに散らばっていて使えそうな健康器具を私の隠居部屋に配置してみました。

エアバイク、ダンベル、背筋屈筋治具、ぶら下がり器具、ステップ治具等、結構な数で、改めて健康意識の高い家族だったなと懐かしく思い出しています。

その日、その時の気分で使い回していけば気分転換できて自然と体に良い運動効果も出て来るだろうという期待しています。

中でも「これは良いかも!」と再認識しているのがぶら下がり健康器具「スキットヘルス」で、なるほど机に何時間も夢中座り放しの後はすっきりします。

私は座骨神経痛の古傷があり、無理して2万歩近く歩くと違和感がでてふくらはぎ痛み始めます。
座骨神経痛を感じる初期はふくらはぎの違和感から始まりますので要注意です。左側の座骨なら右足のふくらはぎに発生します。

長時間椅子に座って凝った座骨と背骨を伸ばしてやると、ホントすっきりしてその後が快調です。

a0376672_16531532.jpg



by haikutarou | 2019-03-08 09:45 | 老いと暮らせば | Comments(0)

鼻炎薬

4,5年前だったか、「富山の置き薬」だというセールスの訪問に紙風船の懐かしさから、つい気をゆるして漢方薬の薬箱を置かれてしまいました。

それから、ほぼ3ヶ月ごとに期限切れの薬を交換に重そうな鞄を持って5階まで上がってきます。

私は薬嫌い、いや薬を必要としない体で薬はあまり使いませんから、かなり年配の男性セールスマンが気の毒になって、時々サプリメント系のものを買っています。市価より2,3割高は豊富な健康情報の情報料としています。

そんな健康談話の中で、今回私が重症の花粉症だと知り置いていったのが常盤薬品の鼻炎薬でした。

長年苦しんでいますから、色々な市販の薬を試していますが、どれも一長一短でこれはという物に出会えて居ませんでしたが今回の鼻炎薬は私の中でピカイチでした。ひたりと止まる薬効もさることながら、あの眠気や倦怠感が全然感じられないのは驚きでした。

しかし価格も市販薬のほぼ3,4倍ですが、これで鬱陶しい2月3月が回避できるなら安い買い物です。

a0376672_19563394.jpg



by haikutarou | 2019-03-04 09:15 | 老いと暮らせば | Comments(4)

沈丁花の香りに

会社人間だった頃、夜明け前に家を出て、帰りは真夜中という日が続くと季節感が麻痺してしまう事があります。

外套の襟を立てて駐車場へ急ぐ道すがら、生暖かい風に乗って来る沈丁花の甘い香りに、いつの間にか世の中が春になっていることに愕然としていました。

いつしか、そんな生活に耐えられなくて逃げだしてしまいました。

仕事を理由に子育てから逃げた仕事人間がその仕事からも逃げて山登りに入れ込みました。

その時々は家族のため、会社のために必死に生きていると思っていたのですが今から思うと何もかも中途半端な人生だったようです。

何か一つだけやり直しが許されるなら、やはり「子育て」ですね。


写真だけは結構熱心に撮ってアルバム作りには精出したのですが、子供たちは何も覚えてなくアルバムを開いても彼らと会話が出来ないなんて最低ですよね。

子供たちの心に残る子育てがしてみたいです。

a0376672_10172520.jpg






by haikutarou | 2019-02-26 09:07 | 老いと暮らせば | Comments(4)

我が家の新年会

昨日は子供たちが集まって新年会でした
久しぶりの
5人の孫たちの成長に驚かされます

大鍋に溢れるほどのおでんの具
10人前の寿司をあっという間に空した食いっぷりに
唖然としながら何と気持ちのよかったことといったら

一時、負担が大きいから
我が家での新年会は止めようとしたこともあったが
あのあっぱれな悔いぶりに
これは元気な打ちはつづけねばと思い直しました


a0376672_11022260.jpg

by haikutarou | 2019-01-14 18:58 | 老いと暮らせば | Comments(0)

山茱萸の果実酒

この時期になると毎年のように木の実の探し歩きを楽しみにしています。今年は山茱萸が大豊作で鈴成の実を夢中で取りました。この実は滋養強壮効果があるとされていますが、この実を取っている人は見かけません。現在はもっと効果のある市販の滋養強壮剤が溢れている時代ですから、木の実なんて当てにされないのでしょうが、自分の足で探し歩いて、見つけた時の喜び、果実酒に仕込むときの楽しみはやってみないと判らないことかも知れません。

a0376672_09480444.jpg












今年は柿も大豊作でどの柿の木も鈴成の実をつけています。明確には言えませんが野生のものは大体7年周期で大豊作を繰り返しているようです。それに気付いたのは丹沢山のシロヤシオ(躑躅の花)で登山道がシロヤシオのトンネルになるのが7年周期だと登山仲間で共有していました。最近は丹沢もご無沙汰です。



a0376672_09294204.jpg


by haikutarou | 2018-11-18 09:32 | 老いと暮らせば | Comments(0)

鴨渡る

「鴨が来ているよ」の情報に会いに行ってきました。まだ渡りの数は少ないが鴨が来ると散歩が楽しくなります。毎年、鴨たちには俳句を多く詠ませて貰っているので鴨池3カ所を回って、この冬もよろしくと挨拶してきました。

 ずっと違和感を抱えてだましだましきていた股関節の古傷が夏場からの重点フォローアップでかなり解消出来て、一歩一歩が地面を踏み込んでいると力強さ感じられ長時間歩いても疲れが半減した気がします。5時間歩いてもしっかりと太地を踏んで帰宅出来たのは嬉しかったです。

 大事なことは先なのです。調子にのって「さあ、歩くぞ」とつい無理をしてまた故障してしまうという悪循環を今回こそは繰り返さないことです。淋しい事ですが、もう無理の効かない年齢なのだという認識がやっと染みついてきたようです。

 私から無理をとったら抜け殻になるような気もしますが、今大事なのは身体に良い事を徹底させようと誓ったばかりですから・・・・


a0376672_21311452.jpg







by haikutarou | 2018-11-16 21:46 | 老いと暮らせば | Comments(0)