カテゴリ:老いと暮らせば( 6 )

ゴミ出し

 スランプで俳句が出来ない。俳句が出来ないとやおら部屋の整理を始めるのがこの頃の習慣になってしまった。不要不急のものを整理しなくてはと思っていたから、整理が出来て良いのだけれど、部屋の整理の方に達成感があり、句作にさっぱり身の入らなくなったのが問題である。

実は私の住まいはエレベーターのない5階で、重いゴミを持ってゴミ置き場までの階段の上り下りは結構な重労働で元気な内にやって置かないといけない事ではあり、40年間の生活ゴミに、元居住者の分もどっさりある。

先週からゴミ置き場との往復は20回近いと思うが、まだまだどっさりある。大物は子供達に応援を頼まなくてはと思っている。


a0376672_16394570.jpg


by haikutarou | 2018-10-08 16:46 | 老いと暮らせば

あれから一ヶ月

 居間から座り心地の良い椅子を撤去して一ヶ月がすぎました。少しずつ木の椅子に馴れて日々の暮らしが変わりつつあります。まず、流し観していたテレビの時間が大幅に減って、長時間椅子に座り放しがなくなり、ちょこちょこ立ち歩くようになりました。これで椅子から立ち上がる時の「どっこしょ」なくなりました。なにしろ、尻や背中が痛くて40分が限界ですから・・・

そして、新しく始めたのが一時間限定の昼寝と床にマットを敷いて芋虫のようにゴロゴロと寝転ぶことです。もともと体を動かすのが好きな私ですから、ただゴロゴロではなく色々と間接運動をしています。

いまのところ、変化といえるものはこの位ですが、ここから何かが始まる気がしてきました。


a0376672_09253778.jpg


by haikutarou | 2018-09-30 09:33 | 老いと暮らせば

漢字スケルトン

 本屋さんで立ち読みしながら店内散歩していて、以前、しばらく熱中していた漢字パズル誌を見つけて、パラパラと捲ってみたが全然熟語がつながらず頭の中真っ白状態に焦った。昔のようにいかないとは承知していたが、自分は俳句をやっているんだという自負があったのだが「え、嘘だろう!」胸がざわざわと騒いでいる。漢字パズル誌は相変わらずの人気のようで昔のままの表紙がひとコーナーを占めて並んでいた。私は当時愛用していた懐かしい一冊を選んだ。

帰宅して、気持ちを落ち着けて簡単な問題を選んで向かったが、やはり全然に熟語が閃かず真っ白状態である。

パズル誌が多用している言葉は俳句にはあまり使わないが、問題は漢字一字から発想が広がっていかないことで、これでは月並みな俳句しか詠めないはずだと納得したしだいである。


a0376672_13183390.jpg


by haikutarou | 2018-09-27 12:09 | 老いと暮らせば

鍋みがき

 優勝間違いなしと確信していた大坂なおみ選手が負けてしまった。こんなはずではない、と本人も信じられない事態に若さを暴露してしまった感じである。これからの20歳には良い体験になったと思いながら、私の方のストレスはどうすればよいのかと戸惑う。とにかく何か身体を動かさないことには収まりがつきそうもなかった。そんな時、ふと、何かで読んだ、ある主婦のストレス解消法を試して見る気になった。

それは、汚れ放題の鍋みがきである。真っ黒に汚れている鍋と薬缶5個を並べてみがき始めるとすぐに夢中になる。そして生まれ変わったようにピカピカに光っている鍋に「おお!」です。すかっとする快感と達成感が体中から湧き上がってきました。なるほど大した効果で嘘ではなかった。


a0376672_19311776.jpg


by haikutarou | 2018-09-24 19:38 | 老いと暮らせば

樹木希林さんをしのぶ

 今月15日に亡くなられた樹木希林さんが朝日新聞の『人生の贈りもの連載15回』(2018年5月)で「今日まで人生、上出来でございました。これにておいとまいたします」と結んだ最終回での言葉が忘れません。

 「自分の体は自分のものだと考えていました。とんでもない。この身体は借りものなんですよね。最近、そう思うようになりました」という言葉が身に染みました。そうか、そういう考えもあるんだと私の中で何かがすとんと抜け落ちた気がしました。

 そして、頑張っている自分の身体がすごく愛おしくなりました。私は薬嫌いで、いわゆる逆療法で随分身体を痛めつけていただろうことに思い至り、これから痛みつけた身体を漢方薬中心に癒やしてやることにします。そして希林さん流に自然に近いかたちでお返ししなければと考えさせられました。


a0376672_12172001.jpg


by haikutarou | 2018-09-18 12:26 | 老いと暮らせば

風呂掃除

 昨日、風呂の掃除をしていて、隅々まで綺麗にするには体を自由に動かせる必要があり、ふと末恐ろしくなった。このまま成り行き任せに老いて良いのか」という思いが雲のように湧き上がってきたのだ。裏を返せば体の老いを認めたということだろう。

ということで、カテゴリに「老いと暮らせば」の項目を追加して悪戦苦闘ぶりを語っていこうと思う。

 まず、ソファーにすっぽりと座り込んでテレビを見ながらうたた寝して姿が気になって居たから、ソファーとパソコン机の椅子を物置に仕舞い込んだ。使う椅子は食卓用の木の椅子だけにして、まずは座っている時間を減らそうという作戦だ。さて、その効果は後日に。


a0376672_12352798.jpg


by haikutarou | 2018-09-01 12:54 | 老いと暮らせば