人気ブログランキング |

八月号

*雑詠佳作

  畑中に墓の五六基蛇の衣 (大串 章選)(田島和生選)

  海図には竜宮のなき鳥帰る (行方克巳選)


七月号

*トーナメント入選  

初蝶の影ひき消ゆる向かう岸 (石井いさお選)

*兼題「美」佳作  

振り向けば遠嶺美し春北斗 (岸本マチ子選)

*雑詠佳作    

  裏木戸に縄飛びの紐春落葉 (有馬朗人選)(西池冬泉選)

  篠懸の実のからからと冴返る (田島和生選)

  峠来てすみれ図鑑を風が繰る (山尾玉藻選)


雑誌『俳句界』に投句始めて5年になるだろうか・・・・

今年こそは年間賞をと期すものがあったはずなのに

何だかな~

今年もぱっとしないまま3分の2が終わりました。


選者の櫂未知子先生にラブコールでも・・・それはないか、

でも、この句は好きなんです。

a0376672_21050408.jpg




by haikutarou | 2019-07-26 07:10 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(0)

五月号

*トーナメント入選  嘴に青藻引つ掛け残る鴨

  佐久間慧子選

*兼題「災」佳作  土蜘蛛の神話を舞ふや里神楽 

  岸本マチ子選

*雑詠佳作    初富士や峠に古き道しるべ

櫂未知子選 古賀雪江選 行方克巳選
六月号

* 兼題「災」佳作 災と書き明日は我が身か桃の花

  岸本マチ子選  

*詠佳作     自分史の途切れ繋ぐや沈丁花

  田島和生選


今月は佳作2件で何とか繋いでいます。

昨年、俳句を悟った気になって、さぼり癖つき、今年になって「これは遺憾ぞ」と思ったときは、再び闇の中にすっぽりはまり込んで仕舞いました。

うーん、俳句とは・・・・です。

a0376672_08170056.jpg











by haikutarou | 2019-05-29 08:21 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(4)

三月号

*高橋将夫選

兼題「心」佳作 曼珠沙華蕊の野心のゆれにけり 

*山尾玉藻選

雑詠佳作   軒下の千振に父在るごとし

四月号

*佐藤麻績選

 雑詠秀逸   冬紅葉托鉢僧の声低く

*大串 章選 能村研三選

 雑詠佳作   冬紅葉托鉢僧の声低く

*今瀬剛一選

 雑詠佳作   つつがなく蝶も来ている冬籠

選者の皆様、有難うございました。

a0376672_08365773.jpg



by haikutarou | 2019-03-30 08:46 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(4)

『俳句界』二月号入選昨

『雑詠秀逸』 

蔓引くは餓鬼の癖なり烏瓜   角川春樹先生選

『雑詠佳作』 

蔓引くは餓鬼の癖なり烏瓜   古賀雪江先生選

『トーナメント準々決勝』

抽斗の奥に音するひょんの笛  佐久間慧先生子選

『トーナメント入選』

抽斗の奥に音するひょんの笛  石井いさお先生子選

抽斗の奥に音するひょんの笛  五島高資先生子選

有難うございました。

a0376672_10482423.jpg



by haikutarou | 2019-01-31 10:54 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(0)

頑張りました?


今年こそはと踏ん張った、俳句雑誌『俳句界』への俳句投句だが

終わってみれば昨年と変り映えしない結果に終わった。

気合い不足だったか・・・

それでも毎月欠かさず7句投句した自分を褒めてやろう!!

そして初の特選が一句は特筆すべきであろう

『2018年の結果』

特選    1件

秀逸    3件

佳作    33件

でした

来年は年号も変わる事だし特選を増やしたい!!

と言いつつ、もう2019年の闘いが始まっているのだ!!



a0376672_06484197.jpg


by haikutarou | 2018-12-26 06:56 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(4)

「10月号」

○万緑や土偶は出臍隠さずに(雑詠・佳作)

 選者 有馬朗人・夏石番矢

「11月号」

○昼顔の夜を案じる昼であり(雑詠・秀逸)

 選者 稲畑廣太郎

○瀧壺の肺痛くなる青さかな(雑詠・佳作)

 選者 西池冬泉

     (敬称略)

時の流れの早いこと、今年こそは「年間大賞」なんて途方もない夢で始まった投稿も残り2回となり、良かったり悪かったり変り映えしない一年になりそうですが、最後まで頑張りたい。


a0376672_23253583.jpg


by haikutarou | 2018-10-25 09:08 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(0)

○子が埋めし宝の近く蟬の穴(雑詠)特選

  選者 西池冬扇(敬称略)

選評:子供は地に宝物を埋めるのが好きである。私も美しいタイルやビー玉の類を庭に穴を掘って埋めた少年期の記憶がある。どこにいったのだろう。

この句は表現としては一句一章であり、散文的だ。散文も表現を純化していくと詩的趣をもつことがある。純化が詩的飛躍を促せば成功する。


○子が埋めし宝の近く蟬の穴(雑詠)佳作

  選者:古賀雪江 田島和生 夏石番矢 山尾玉藻(敬称略)



雑誌『俳句界』に本格的に投句を始めたのが2015年5月号から足かけ4年、特選を目標に毎月欠かさずに投句し続けて、今月号で初めて特選を頂き嬉しいです。西池先生有り難うございました。

何が良くて何が悪いのか、自分に足らないものは何なのかと格闘しながらも継続したご褒美だと思います。何かが吹っ切れた気がしますが今後も余生の励みとして投句続けます。



a0376672_08414419.jpg


by haikutarou | 2018-08-27 09:48 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(0)

○〈雑詠秀逸〉首伸ばし目玉ぎょろりりと羽抜鶏
  選者:西池冬扇
○〈雑詠佳作〉残雪の白馬連山五平餅
  選者:有馬朗人
○〈雑詠佳作〉投函のかるき鼓動や春の宵
  選者:夏石番矢
○〈兼題「解」佳作〉微睡の鮎解禁の朝来たり
  選者:岸本マチ子
○〈トーナメント入選〉お先にと逝ったあいつの夏帽子
   選者:堀本裕樹     (選者の敬称略)
  

a0376672_21340012.jpg


 



by haikutarou | 2018-07-23 21:40 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(0)

「俳句界」6月号
○〈佳作〉頼朝の越えし峠の辛夷咲く
 選者:大串章 櫂未知子 行方克巳 山尾玉藻(敬称略)
○〈佳作〉東京に京橋駅や冴返る
 選者:岸本マチ子(敬称略)
○〈佳作〉薄氷や水神さまのトタン屋根
 選者:夏石番矢(敬称略)
 

「俳句界」7月号
○〈秀逸〉下り来る作務衣の人の手に蕨
 選者:田島和生(敬称略)
○〈佳作〉下り来る作務衣の人の手に蕨
 選者:有馬朗人 鈴木しげを(敬称略)
○〈入選〉廃屋に玩具のバケツ松の花
 選者:堀本裕樹(敬称略)


(山桃)
a0376672_08300957.jpg

by haikutarou | 2018-07-01 08:44 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(0)

「俳句界」4月号
○〈佳作〉輪飾を掛けて籠りし山家かな
    選者:堀本裕樹(敬称略)
○〈佳作〉冬日向後ろの闇の恐ろしき
    選者:今瀬剛一(敬称略)

「俳句界」5月号
○〈佳作〉大寒の長谷の大仏風よけに
    選者:稲畑廣太郎(敬称略)
○〈佳作〉寒晴や嘴たたくフラミンゴ
     選者:佐藤麻績 田島和生 行方克巳 西池冬扇(敬称略)

(樟若葉)
a0376672_13530594.jpg


by haikutarou | 2018-04-25 14:20 | 雑誌『俳句界』入選作 | Comments(0)