人気ブログランキング |

句会の吟行で奥会津に田植え体験にいったのは2016年の五月末だった。

私には田植えなど珍しくもなかったが、代田の土の匂いに「おお、山口の田舎と同じ匂いだ!」結構その気になっていた(当たり前だけど)

本来は機械で植えるのを我々のために代田一枚を残してもらっていたのだ。

苗を持つ手で指折りする人もいて、後に控えている句会が気になって無邪気に初体験を楽しんでいられないらしい。

「森林の分校ふざわ」は廃校になった元分校を活用して宿舎で教室がそのまま寝泊まりする部屋だった。
「理科室」「音楽室」「家庭科室」と名前がそのまま残って懐かしさと教室の木の匂いが私たちをわくわくさせた。

食事は地元の奥さんたちが担当で手打ち蕎麦から鮎の串焼き、からみ餅等々歓迎してもらい、すっかり仲良しになっていた。

2泊3日で句会5座をこなし、もうくたくたで俳句はうんざり、と言いながら、帰りの電車の中で袋回しという俳句遊びに興じるとはホント俳句バカの連中でした。

ふざわ分校の皆様、その節はお世話になりました。
a0376672_23472489.jpg



by haikutarou | 2019-06-24 07:05 | 日日闊達に(日記) | Comments(4)

靫草(うつぼぐさ)の花穂が黒ずんで来る頃だそうで、靫草は夏枯草(カコソウ)とも呼ばれ昔から洋の東西を問わず薬草として知られていたようです。

そういえば関東では殆ど見かけませんから、この野草の存在をすっかり忘れていましたが、田舎では血止め草として幼子まで知っていました。(また昔話です)

怪我でも少々の出血では、親も本人も慌てません。靫草を唾液でもんで傷口に当てるとぴたりと止まることを知っていますから、靫草の生えている所に走ります。
私は小学一年生からの田舎暮らしでしたから、怖いもの知らずの所があり、よく怪我もして靫草にも母にもお世話になっていました。

中学生の頃は母とよく喧嘩をしました。「もうお前の面倒見れないから出てお行き」が口癖で「ああ、そうかい」とぷいと出ていきます。野宿できる所を三箇所ぐらい確保していましたから平気です。冬以外なら木の実や畑物で2日位は平気で3日目位になると流石にご飯が食べたくなって家に帰ると母がとんで来て「もう帰って来ないかと思った」とわんわん泣くんです。

親なんて甘いもんだとその様子をさめた目で眺めていました。

世間から「親父がいないから」と言われるのが辛かったのでしょうが、私はそんな母にますます反発して悪していました。

今頃、あの世で「お前、昔の話はそのくらいでいいから、早くこっちにおいで」と待って居るかも知れませんね~

6月28日は母の14回忌の命日ですから、私の昔ばなしは母の供養でもあるのです。
「母ちゃんごめんよ、もうすぐいくからさ、また喧嘩しょうな」

*「朴散華」~朴の花は強い香りを発しますが、花は高木の高い所に咲きますから
その香りが根本周辺にまで降りそそぐことをいいます。

a0376672_19385318.jpg



by haikutarou | 2019-06-22 07:05 | 七十二候 | Comments(4)

『山旅日和』

Windows95が発売されて我が国のインターネットの世界が急速に広がっていきました。しかし当時は画像1枚、音楽一曲をネットに乗せることは大変な作業で厳選に厳選を重ね、限界近くまで縮小していました。
グログなどという簡単便利な道具はなく「HTPM」全てを自分で打ち込んで作成する「ホームページ」という現在、企業PR用に使用しているもの原型しかなかった時代です。
HTPMタグという世界共通の言語用の分厚い辞典で探しながらページを作成していました。
当時、私は深田久弥著の日本百名山登頂を目指して日本列島を駆け巡っていましたから、全国の登山仲間のホームページでの山情報は安全登山のための貴重なデータでした。
貴重なデータを受けるばかりでなく、私からの情報発信もお互いの信頼には不可欠でしたから山のホームページ『山旅日和』を作成して情報発信していました。各地での山仲間とのオフ会も楽しかったなあ~
まだデジタルカメラなんてものはなく、フイルム写真をデジタル化していましたから費用も時間も掛かった時代でした。
デジタルカメラなるものが発売されてからも、しばらくは画素数が低く使い物にならない時がしばらく続きました。
国産初のデジタル一眼、「ニコンD7」が発売されたのが2000年頃だったと思います。例によって即、飛びついた私です。
それから山歩きが俄然楽しくなりました。
あれから20年・・・・・こういうのがあったらなあ~という当時の夢のはるか先をゆく現在の現実はただただ凄い!!と言葉もありません。
でも、負け惜しみでなく、あの時代の方が楽しかったと思います。
「北海の熊」や「秩父の狼」、「阿蘇の姉御」とか強烈な個性の面々でした。北海の熊さん・・・どうしてるかな~オコジョの写真撮りの名人でした。熊のような大男が夢中にオコジョを追いかけている姿には笑ったものです。
私は・・・もちろん「足柄の金太郞」です。

もう何度かブログに掲載した当時のお気に入り写真です。
標高日本一の「富士山」を二番目の「北岳」稜線から展望しています。
標高3000mという雲上の遊歩道です。
a0376672_15475080.jpg



by haikutarou | 2019-06-20 07:05 | 日日闊達に(日記) | Comments(10)

a0376672_17324775.jpg









この花は現在、神奈川県周辺では畔道や農道なで群れ咲いている野草です。
しかし、15年ほど前に私が見つけた頃はぽつりぽつり程度で、こんなに綺麗に整った花が何で野辺に咲いているのだろうと不思議思い調べたら、鑑賞用に入って来た外来種で名前が「赤花夕化粧」でした。
なんと粋な命名だろうと、そのひと夏この花を追いかけた記憶があります。

現在は、群れ咲いていますから花も小さくなって雑草になり下がり、昔の面影はありません。
(うん?、この言葉何処かで聞いた気がすると思ったら自分のことでした~)

他にも鑑賞用の外来種が野生化しているケースが多くあります。

初夏に咲いていたミナガヒナゲシもそうですね。

その陰で姿を消してゆく万葉集に登場するような、やまとなでしこ達も多いことだと思います。

更新を通知する
 

a0376672_17322441.jpg



by haikutarou | 2019-06-18 06:20 | 生き物物語 | Comments(0)

会社を早期退職してからの5年間小田原市に在住しました。

海あり、山あり、川あり、その大自然の中に小田原城をはじめとした史跡が市内全域に散らばっていて私を魅了し、私の山麓歩きが始まりました。

その小田原といえば梅の産地で全国的にも知られていますが、管理されない栽培用の梅林や梅畑がどんどんと増えているのが当時の現状でした。

私の山麓歩きの道々に、そんな梅林や梅畑があちこちにあり、ちょっと中に踏み込むとスーパーマーケットの「最高級品青梅」として売られるであろう立派な梅がごろごろ転がっていました。

私は子供の頃から山海川の自然の産物は「皆のもの」という概念根付いていて、道にはみ出して居る枝の果実や、やがて腐って土になるであろう果実を拾うことに罪悪感はありませんから、ウォーキングの楽しみとしてザックの中には諸々の収穫物入っていました。

スーパーで買えばささいな金額ですが、自ら山麓に分け入っての大自然からの贈り物としての喜びと満足感があるのです。

そうして、果実酒やジャムに加工貯蔵して一年中楽しんだものです。

ひとつ、梅干だけは上手くできませんでした。
更新を通知する

a0376672_20212022.jpg



by haikutarou | 2019-06-16 07:30 | 七十二候 | Comments(4)

一日置きが心地よい

そもそもの始めはブログの毎日更新から一日置きに変更したことでした。

これが心地良くて、自分の納得のいく更新が出来るようになったことで、「何も頑張って毎日やることはないのだ」第一体力的にも無理だと気付いたのです。

それからは、決まった日課をどんどん一日置きに変更しました。

運動も一日置き、般若心経の写しも、俳句のお復習いも・・・という具合に。

ということは、単純に一日に義務的にやっていた時間が半分になった訳ですから、眠気半分で夜中まで押していた時間が効率のよい午前中に集中して終了できるようになり、午後は昼寝の習慣もつき、ぼけーとラジオ聞いたりして眠くなったらベッドに入る習慣が身につきつつあります。
生活が夜型から朝型に変わって来たのです。

これまでは、前に前にという意識が強かかったのですが、長持ちさせることに視線を変えてみました。そうしたら、見てくる風景が全然違ってきたのです。

体も道具も家具も手入れしなくちゃ長持ちしないよなという視点になってみると「あるある」です。

例えば、動きの悪い物、所に潤滑油(CRC)を一吹きしてやると、見違えるような動きになります。

ああ、人の体も同じだなあと思ったのです。
体の潤滑油は血液でちょっと違和感のある部位をマッサージして血流良くしてやると生き生きとしてくるのです。

今は足腰の違和感なくなり、高価だったマッサージ器も不要になりました。
やはり、自分の指が一番だと実感しています。

更新を通知する

a0376672_16192872.jpg










                               


by haikutarou | 2019-06-14 07:30 | 老いと暮らせば | Comments(5)

螢が明かりをともして飛び交う頃で無数の螢が交尾の相手を求めて乱舞します。
昔の人は蛍合戦と呼んでいたようです。子供が麦藁で編んだ小さな籠をもって螢刈りともいっていました。

こういう話になると田舎の実家の話になってしまいますが、わが家の裏方に小川が流れていて、螢の時期になると手を掬うように払うと2,3匹の螢が掌に捕まるといったほどに乱舞していましたから、持ち帰って蚊帳の中に放して眠っていました。

夏の間の行水の場所でもあり、それぞれに自分用のお湯持って行水していました。女性も夜が更けてこっそりと行水していたようですから平和だったのです。

そこは平家の落武者の里ともいわれ、宗清という武将の名前らしき部落ありましたが、螢は源氏蛍の方が多くて、平家蛍は源氏蛍の後で申し訳程度に飛んでいるだけでした。

関東に来て螢の里という看板に期待して行くのですが、どこもちょぼちょぼの螢で失望したものです。

螢にも北限がありやはり西日本の方が群生するのでしょうか?

そういえば、沖縄には約二十種類の螢が生息していて、一年中螢に出会えるそうです(?)、やはり、暖かい地方の昆虫なのかも知れません。

〈 行水や螢あかりに背ナ流す 金太郎 〉

写真は高山植物の「ゴゼンタチバナ」で名前のとおりきりりとした好きな野草です。
a0376672_19420607.jpg



by haikutarou | 2019-06-12 07:40 | 七十二候 | Comments(4)

栗の花

深夜の電車を降りて、タクシーや深夜バスを使わないで1時間ちょっとの自宅までの道を歩きます。
誰も歩いていないまっ暗な道を歩くのが好きです。

途中に外灯も柵もない川土手を歩きますが目が馴れて来るとまっ暗闇でも何とかなるもので川に落ちないように緊張しながら歩きます。

今夜は月夜なのか闇夜なのかとふと思うが判らない、そういえばもう長いこと「今夜は月夜か闇夜か」考えたこともない生活環境が続いていることに今更ながら味気なさを感じます。

少年時代、今夜は月夜だと思うとわくわくと心騒いだものです。別に特別なことをする訳ではなく、ただ外に出て、好きな女の子のことを想うだけのことですが・・・

何処かに栗の花が咲いているようで風に乗って匂ってきます。

栗の木を真白にして咲き誇る花の殆どが徒花で花房の付け根にある雌花2,3個が受粉すると雄花は用済みとなり、花房の根元から切れて落花することをご存知でしょうか?

受粉した雌花の成長に無用になった雄花は直ちに徒花となり落花してゆくのです。

種を保つ為の自然の掟は厳しいのです。

地球上で一番甘いお馬鹿さんは人間だと思いませんか。

栗の花の写真付きの説明を「そらいろのパレット」さんのページで拝見できます。

https://sorairo02.exblog.jp/

a0376672_00185137.jpg





by haikutarou | 2019-06-10 07:40 | 日日闊達に(日記) | Comments(2)

落し文

「落し文」とは何ともロマンを感じさせる言葉です。
オトシブミ科の甲虫(体長3~10ミリ)の巣は広葉樹の葉っぱを丸めて、木の枝にぶら下がっています。
その巣が地面に落ちたもので夏の季語となっています。

傍題に「時鳥の落し文」「鶯の落し文」などがあります。

俳句を始め、歳時記をめくっていていち早く見つけた季語で(こういう季語は見逃しません(^_-)

一度、実物に会いたいものだと、「会いたい、会いたい」といつも願ながら歩いていて、奥会津の渓流歩きをしているときに願いがかないました。

渓流の淵に10個くらいがバラバラに落ちているのを見つけたのです。


a0376672_23384216.jpg







この丁寧な折り方は小さい虫の作業とはとても思えない代物で、中には卵はなく抜け殻でしたが期待どおりの感動の一品でした。

〈 解きつつ鼓動高まる落し文  金太郞 〉

a0376672_23214721.jpg



by haikutarou | 2019-06-08 07:30 | 日日闊達に(日記) | Comments(6)

芒種の「芒」は「のぎ」といい穂先に針の様な突起の事で、芒のある植物の種を蒔く時期だそうで、稲の種を蒔く、時期だということです。

俵の種籾を水に浸して芽吹き始める前に苗代田に蒔きます。祖父はメイン品種の他に試作品という何種類かの新しい品種を農協より取り寄せて収穫量の比較をしていました。

その様な稲の品種改良の手助けをする農家を篤農家と呼んでいたようです。

私は山麓歩きで蟷螂を見つけると棒切れで攻撃して、しばし遊びます。

と大きな鎌を持ち上げて逆らう様子が面白くて、彼等には私の姿はどの様に見えて、どの様に認識しているかのか想像すると面白いですね。

昆虫の中には固まって死んだふりをする物も多い中で、少なくとも怪物に対して戦うとする姿勢に感動するのです。

以前、スポンジ消しゴムのような蟷螂の卵を見つけてベランダのプランターに差し込んでいたら、ある春先のベランダに羽蟻のような小さな虫がウヨウヨしています。何だろうと様子を見ていると、あの蟷螂の卵から出るわ出るわ、凄い数の蟷螂の孵化が始まっていたのです。1センチ位の大きさながら、ちゃんと大人の蟷螂の姿していました。

蟷螂の幼顔して鎌を振る 金太郞

a0376672_00423935.jpg



by haikutarou | 2019-06-06 07:30 | 七十二候